新しい時代に挑む。

あいおいニッセイ同和損害調査株式会社は、これからの自動車先進技術の進化、新たな調査手法に挑戦し続けます。今後、自動車は先進安全自動車(ASV)や自動運転等のCASE(※1)で大きく変化し、我々の仕事は大きく変わります。

(※1)自動車業界は100年に1度の大変革期で、その背景にある現象を一語で示すのが「CASE」。 CASEとは、コネクテッド(Connected)・自動運転(Autonomous)・シェアリング(Shared)・電動化(Electric)の頭文字

自動車先進技術をキャッチアップする損害調査のリーディングカンパニーへ

この自動車の変化に伴い、交通事故の損害調査は複雑化、我が社の社員・アジャスターの役割の重要性は増します。この役割を実現するために自動車先進技術の研究及び相応するアジャスター業務の創造と人財の育成を大切にしていきます。